見まごう邪馬台国

◇分岐点

   (E)東南陸行 五百里 到伊都(やぁた)国

 「東南陸」とされるので、前項の末盧国で上陸して実際に徒歩で向かったとして良い。前項と違い、~余里とされない理由は、風向きや潮流に因る影響を受けやすく、櫂を漕いだ回数や線香の燃える長さ等で時間 を計ったとしても、その時点の状況に拠って違う水行に比べて、陸行は縄を使ったり、歩測で略正確に測れたからだろうが、何れにしても日程と1日で移動する 大凡の距離を基本にして換算したと考える。
  国名は、伊[・ıər][・ıi][i]、都[tag][to][tu]=ヤァタ(八咫)→ヤワタ(八幡)→ヤバタ→ヤマタ(山田)、この音が八咫鏡に関連があるとすれば、末盧国の比定地とした佐賀県唐津市鏡(鏡山)、伊都国へ松浦川を遡ると佐賀県多久市と同県小城郡(現小城市)小城町栗原境にも鏡山が在る。
 八幡(やばた→やまた)とすれば、佐賀県唐津市八幡町、同県多久市、同県伊万里市、同県武雄市の境、八幡岳、佐賀県唐津市山田、隣町の同県東松浦郡(現 唐津市)浜玉町東山田、同県小城郡小城町と同郡三日月町を挟んで東側にも同県佐賀郡大和町東山田等が在る。(E)を読み下しすると下記の如くなる。

  (外洋航海民倭の領域南岸)末盧国で下船して、東南へ陸行、五百里で到る分岐点の伊都国

 尚、「對海国」で述べた文章の後半部には下記の如く気になる記述が在る。

 自女王国以北 特置一大率 検察諸国 諸国畏憚之 常治伊都国 於国中有如刺使
 王遣使詣京都帯方郡諸韓国 及郡使倭国 皆臨津捜露 傳送文書賜遣之物 詣女王不得差錯

  先述した宮崎康平氏等は「皆臨津捜露」と云う記述から伊都国が「津」に臨んでいるとする。現在より平均気温が1度程高かった当時、河川が縦横に走り、干潟があったので、殆どの国は荷役のため河川航行用平底船の泊津を設けたと思う。但し、海岸の湊津に臨んでいるのであれば、態々、末盧国から陸行したり、河川を遡上せずとも末盧国で沿岸航海用船に乗り換えて水行すれば良い。上記の如く、女王国 より以北の国々が恐れ憚ったと云う伊都国が司り、特置された一大率の官吏や武官と思しき卑狗や卑奴母離が派遣された對海国と一大国が湊津に臨んでいる事から「皆臨津捜露」は、一大率の官吏や役人の卑狗や卑奴母離が派遣された国々と考える。後半部を意訳すると下記の如くなる。

 の遣使が魏の京都や帯方郡、諸韓国に詣でて郡使が倭国に及ぶと、津に臨む地に派遣された一大率の官吏が夫々の任地で、文書や物品の照合点検(捜露)し、賜遣之物の目録を伝送、郡使は女王に詣でるので、差錯(あやま)り得ない。

  この「」と邪馬壹国女王は同一ではあるまい。伊都国の記述には「世王有皆統属女王国」とあり、後段では「名曰卑彌呼(中略)~有男弟佐治國」とされるので、女王を佐けた男弟=伊都国王(後の太政大臣)と考える。また、自女王国以北特置一大率検察諸国~云々から、他にも津に臨む国が在り、一大率の役所や検問所には官吏や武官(卑狗や卑奴母離)が派遣された。
 佐賀県伊万里市波多津町板木(いたぎ)、福岡県前原市板持、同県福岡市博多区板付(いたづけ)、同県北九州市小倉北区板櫃(いたびつ)、同県北九州市八 幡東区枝光(えだみつ)、同県田川市伊田、同県田川郡糸田町打越、熊本県上益城郡甲佐町糸田(同郡砥用町境に打越峠)、同県熊本市板屋町等、他にも、稲光(いなみつ→いだみつ→イェタミツ)、江田等の地名も関連があるかも知れない。
 尚、「伊都国」とされた理由は、末盧国からと同方向の東南への道で至る次項の奴国へは行かず、此処から東向きの道で不彌国、更には邪馬壹国への向かうための分岐点(目的地)に到着するからと考える。

八咫鏡=伊勢神宮のご神体とされる。伊都国比定地と目される平原遺跡(福岡県前原市) では大形彷製内行花文鏡(46.5㌢)が発掘されたと云われる。本来、伝世される鏡や剣等の重要な物が古墳に副葬される理由は、王や巫女等、被葬者が持っ ていた力を殺ぐためで、大きな鏡が副葬されたとすれば、被葬者の絶大な力が籠もる。また、壊された剣や鏡等は被葬者の魂の籠もる所持品で、何らかの理由で殺害されたと考えられる。尚、狗奴国の領域と思われる熊本県の鹿本郡鹿北町多久が在り、佐賀県多久市多久町、福岡県前原市多久、同県宗像市田久・田熊、島 根県平田市多久町、同県飯石郡三刀屋町多久和等があり、もしかしたら、「タク」は狗奴国系の東遷かもしれない。
卑狗や卑奴母離=常治伊都国 於国中有如刺使と在り、陳寿は、我国での刺史が負う役職とよく似ると感じた思われる。
稲光=福岡県鞍手郡若宮町稲光・平、同県京都郡苅田町稲光、山口県豊浦郡豊田町稲光・ 矢田(イェタ→ヤタ)、鳥取県西伯郡大山町稲光・長田。他にも福岡県北九州市戸畑区一枝、同県北九州市八幡西区椋枝、同県嘉穂郡穂波町枝国、同県山門郡三 橋町枝光、滋賀県大津市枝、同県甲賀郡信楽町江田、同県犬上郡豊郷町 、兵庫県神戸市西区枝吉、同県美嚢(みのう)郡吉川町畑枝、和歌山県西牟婁郡串本町江田、鳥取県八頭郡八東町重枝・富枝、同県出雲市江田町、広島県三次市 江田川之内町、同県安芸郡江田島町秋月、同県御調郡御調町江田、徳島県小松島市江田町、愛媛県松山市枝松、高知県吾川郡伊野町枝川、佐賀県鹿島市古枝、同 県神埼郡神埼町枝ケ里、熊本県玉名郡菊水町江田、大分県別府市枝郷、同県中津市枝町、同県竹田市枝等、穢多(ィエタ→エタ)とも関連があるのかも知れな い。 




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 10:21:07|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇「至」と「到」 | ホーム | ◇「渡」と「濟」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/83-52a26c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)