見まごう邪馬台国

◇「至」と「到」

  「三国志魏書第一」だけで、「至」=57ヶ所、「到」=16ヶ所程の使用例がある。全てを取り上げると煩雑なるので、説明し易い例文を取り上げて、その使用法を考えて見たいと思う。尚、前述した「誤読だらけの邪馬台国」の著者張明澄は、以下の如く述べる。
 【台湾中華書局印行「辞海」には、「至(至部)」=「極」「到」「大」「善」等の語義とあります。また、「到(刀部)」=「至」「周」「倒」「弔」等とあって、中国人や台湾人は、「至」を英語の「till」「until」、「到」を「reach」「arrive at」と云う語義として理解します。】
 上記に異存はないが、少し、私見を述べると、「至」=何らかの原因や経緯が付帯して至る。「到」=到着した。或いは、何らかの目的で以て到る。と云う ニュアンスがあると思う。冒頭の「太祖曹操の出生」を述べる文章から始めてみたい。順に原文、通説的な読み下しで、文脈が切れる箇所に「/」を入れながら、私見を述べる。

 (1)太祖武皇帝沛國譙人也姓曹諱操字孟德 漢相國參之後 桓帝世曹騰爲中常侍大長秋封費亭侯 養子嵩嗣太尉莫能審其生出本末 嵩生太祖
 太祖武皇帝は沛國(江蘇省)譙人なり。姓は曹、諱は操、字は孟徳/漢相國参の後裔、後漢桓帝の世(147~168)、祖父騰は中常侍大長秋に為って費亭侯に封じられる。その養子の嵩は、とうとう太尉に昇進する/その出生は審らかにはできないが、その嵩が太祖を生んだ。
 太祖の曾祖父から父である養子「嵩嗣」が太尉に昇進する迄の経緯を述べるので、至=極まるの意味で使われるとして良い。その後、養子「嵩嗣」は出生が審らかにできないと意味深な事を述べる。尚、太祖曹操を沛国(現江蘇省)の「譙」と云う地の人とするが、漢和大辞典「譙」項、高殿、物見櫓、木を守り、育てる樵(きこり)と同系字で、宮城の門番と守衛を担う武人(校尉)と云う意味を持つのかもしれない。

 (2)大將軍何進與袁紹謀誅宦官 太后不聽 進乃召董卓欲以脅太后 卓未而進見殺。卓 廢帝爲弘農王而立獻帝 京都大亂 卓表太祖爲驍騎校尉欲與計事 太祖乃變易姓名 間行東歸 出關過中牟 爲亭長所疑 執詣縣 邑中或竊識之爲請得解。卓遂殺太后及弘農王 太祖陳留 散家財合義兵將以誅卓。
 大將軍何進(荊州南陽郡宛県)、袁紹(予州汝南郡汝陽県)与に宦官を誅せんと謀る。太后聴かず。進、乃ち董卓(涼州隴西郡)を召し、以て太后を脅さんと欲す。/董卓、未だ至らずして、 何進が見殺しにされた後、卓、到り、帝を廢して弘農王と為し、而して獻帝を立てる。/(それが理由か)京都大いに亂る。董卓、太祖を驍騎校尉と為さんと発 令し、与に事を計らんと欲すが、太祖(曹操)、姓名を変易し、密かに市中に紛れて東へ歸る。関門を出て司隷河南尹の中牟を過ぎて、亭長の疑ふ所となり、執 らわれて県役所に詣る。/邑中、或る者、窃(ひそか)に、これを識り、請ひて解放される。それを知った董卓、遂に太后と弘農王を殺す。太祖陳留に至り、家 財を散じ、義兵を募集し、将に董卓を誅せんとす。
 初めの「至」も、何進は聴き容れない何太后(何進の親族)に対し、董卓を召した等の経緯を述べるが、その董卓には何らかの思惑があったのか、なかなか来ず、何進が何太后派に見す見す殺害された後、(董卓は太后派を排除する目的で)到着した。(その思惑通り)献帝を擁立するが、事を計るため、曹操の援助を得られないと悟った董卓は、進退窮まり、太后と弘農王を殺す。(そうした経緯を見て取った)太祖は兗州陳留に至り、家財を散じて義兵を将いて、董卓を誅す。尚、何進と召された董卓との詳細な関係は分からない。今回は、ここ迄。

曹=周代の国名。周武王の弟叔振鐸が封ぜられた国(現在の山東省)。25代で宋に滅ばされた(前487年)。何人もいる下級の役人(属官)、獄曹=法廷や牢獄の属官、軍曹=下士官の階級、属官の詰めている所。多くの同輩、複数の仲間とある。
相国参=漢の高祖劉邦の幼馴染みで、蕭何の亡き後、相国(宰相)となった人物とされる。次の祖父には「騰」と姓を記載するが、相国参と実父で養子の「嵩」には諱だけ記載、姓を省くのは、操の曾祖父「参」、参の子「曹騰」、曹騰の養子「嵩嗣」というニュアンスだろうが、「嵩」は曹操の実父だが、血縁の嫡(子孫)ではない。また、以下の記述、「太祖乃變易姓名間行東歸」=太祖、姓名を変易し、紛れて東へ帰ると云う記述からすれば、現在、姓氏「鄒(すう)」はあるが、「嵩」は見えないので、「?嵩嗣(すうし)」と、その実子「操(孟徳)」、共々養子に迎えたとも考えられる。  
費亭侯=秦漢期、盗賊の追捕を担った亭長の上司か、その意味は良く分からない。ただ、「字統」亭=宿舎と候望、物見の楼を兼ねるとあり、櫓や亭長(譙人?)の官舎等の建設と管理に対する費用を司る役職かもしれない。
献帝=中国王朝の一つ後漢。前漢の景帝の6世孫劉秀が、王莽(おうもう)の新朝を滅ぼして漢室を再興、洛陽に都して光武帝と称してから14代の献帝迄、前漢を西漢というのに対して東漢ともいう(25~220)。最後の皇帝で、曹操の子曹丕に帝位を献じた(禅譲)からか。






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/10(木) 12:50:30|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇「到~」 | ホーム | ◇分岐点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/84-09663ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)