見まごう邪馬台国

◇河川水行と陸行

  (G)東行至不彌(はみ)国 百里

 国名の後に里程が記載されると、「仮定」になるので、前項と共に実際には向かって居ないとする論者や研究者もいるが、道程を説明するのに無関係の国名を記載する理由が解らない。前項と違い「東」とされるので、実際に行ったと考える。所在地は違うが同じ道を行き、何処かで分岐したとしても末盧国からの距離とすれば、伊都国の前に記載されるべきで、奴国と同様、この始発地も伊都国になる。
 また、「東南陸行五百里到伊都国」と同様に陸行したため、前項の「東南至」は「行」を省いたとしても、「伊都国」とされた事に対する納得できる編者陳寿の意図を見いだせないので、奴国方面と不彌国方面への分岐点(衢)とする以外にはない。詰まり、今迄の同方向の道ではなく伊都国から邪馬壹国に向かうための東向きの道を行ったと考える。(G)を意訳すると下記の如くなる。

  (伊都国から奴国に通じる道を外れて東へ行けば至る不彌国 百里程

 本項と前項とも陸行と水行の何れも示唆されないので、何れでも行けたとする研究者や論者も居る。通説で不彌国は福岡県糟屋郡宇美(うみ)町付近とされ る。当時、縄文海進期に近い状況とされ、比定地も河川からの土砂が堆積した中州(陸=くが)や小高い丘(をか)が国域の全体と云った状態で、満潮時、西側 福岡県糟屋郡粕屋町や同郡志免町でも河口や海浜の干潟に浸水した。詰まり、泊津を設けて平底船で物資を運搬する様な状況で、おそらく、内陸部に在る伊都国 の本役所に向かい勅書や賜遺之物を搜露、点検後、邪馬壹国女王に詣でるため、小型船に大使や副使を乗せ、朝貢品等を載せて行ったはずだが、水行とされな かった理由は、河川航行用平底船を従者に曳かせる陸行(河川水行)だからと思われる。
 この国にも官多模、副卑奴母離とある事から人々の動向や物資の輸送を一大率から派遣さ れたと思しき副卑奴母離に管理された。また、この国名の不彌国をハム(馬銜)→ハブ(土生・埴生・羽生)とし、「国々の比定」でも述べるが、その比定地を 佐賀県小城郡(現小城市)小城町との境、同郡三日月町石木字土生(はぶ)の弥生中期の大規模集落土生(久蘇・仁俣)遺跡付近とした。
 例えば、上古では、海[mәg][hai][hai]と馬[măg][mă(mbă)][ma]の近似音にされる事、古英語、船(mere- hengest)=海の馬とされる事からも草原を走る馬、海原を走る船と云う意識があり、旧く舳先は龍頭や馬頭にされた。もしかしたらギリシャ神話に登場 するトロイの木馬も大きな木船だったのかもしれない。後代、南中国では、海の女神媽祖と される。こうした事から馬=船として、不彌国を邪馬壹国と伊都国連合に服属した海民陸鰐の国とすれば、本来、官「多模(たも→たま)」は對海(たま)国王 で海民連合国陸鰐系王だったが、奴国と同様、邪馬壹国と伊都国連合に靡き服属して命脈を保った。詰まり、前項と同様、その動向を検察するために派遣された 副官卑奴母離が官多模に轡と馬銜を着けて海民の勢力を制御した。
 不彌国と對海国は「記紀」海民が生母豊玉姫(婿取)と乳母玉依姫(嫁入)の二系(対)に分裂した事、「神 功紀」新羅討伐に住吉系海人(熊鰐?)が助力したとされる事、「仲哀紀」徳勒津(とくろつ)等と関連し、(字統)「勒」=馬を馭する革紐、勝手に動かない 様に引き締める・程よく調整する。古訓に「クツワ」「アラタム」と在り、不彌(はみ)=馬銜→食み・噛みは、「傍国考」でも述べるが、伊都国が派遣した一 大率の官吏や武官の管理下、巴利国が為吾国の人々を使役して潅漑施設を造らせて、奴国と不彌国等、女王国以北の国々に検問所や関所を設け、その水路や水道を封鎖させた。

土生遺跡=東西方向に流れる河川は見えないが、当時、河川を繋ぐ潅漑用水路で平底船を 使ったか、この道程も輿に大使や副使を乗せ、荷物は背負うか馬車等に載せて移動した後、東北方面の吉野ヶ里(佐賀県神埼郡神埼町鶴)の環濠集落や、幾つか の集落に宿泊した後、南下、流れが緩やかな筑後川の中州や飛島との間に設えられた飛び石等を使い渡河したと考える。
海の女神媽祖=馬は男系のトーテムで、騎馬民族は男系の末子相続とされる。海民や川民は母系制だったのか、中国大陸東南部の海民や蛋民では媽祖(女神豊玉姫)とされた。尚、日本海沿岸部の海民や漁民は諏訪大社(建御名方富神と八坂刀賣神)の御札を船霊とする、
巴利国=為吾国の「為」=(字統)手と象に従う。卜文や金文等では、手綱で象を使役す る形、土木工事等の工作を行う。「吾」=(字統)交差した木で蓋をして祝禱を入れた器(口)を敔(まも)るとあり、御(馭)=轡を着ける事と声義が近く通 用される。巴利国の「巴」=(字統)器の把手形、「説文」蟲は象を食(は)む蛇なりとし、字を蛇形に解する。(字統)「利」=禾と刀で、金文には犂鋤や犂 の形で見える。禾稲を刈り、収益を得る事=利益とあり、象を使役する事に関連し、巴利国の人(蛇)が為吾国の象(為吾国人?)を使役し、水路や水田等の土 木工事を掌っていたと考える。
水路や水道=とも関連して、山手から流れて有明海沿岸部に注ぐ河川は多いが、東西方向に流れる河川はないので、長(揚子)江下流域のクリークの如く河川と河川の間に用水路を造り、往来したが、一大率の武官に管理、観察された。



 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 09:17:35|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇えらいこっちゃ | ホーム | ◇阿利那礼川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/87-cc44b1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)