見まごう邪馬台国

◇本末転倒

  (南至邪馬壹(かまぃえ/やまぃえ)国 女王之所都 水行十日 陸行一月

 見まごうかな、南至を「東至」の間違いだとする研究者や論者がいる。何度でも云うが、末廬国で上陸して伊都国や不彌国へ徒歩で行く必要はない。況んや玄 界灘から瀬戸内海を経て「東至邪馬壹国水行十日+一月(水行四十日)とされて然る可きだろう。見まごうかな、短里の二千里では朝鮮半島東南部から畿内迄の 直線距離大凡900㎞にはならないので、公里「約434m」だと云う。縦しんば、そうだとしても倭人の領域北岸の狗邪韓国を「其西岸」として狗邪韓国から東側の福岡県宗像市沖ノ島、いや、島根県の隠岐島か、愛媛県大三島宗方とでもしなければ成立しない。当に本末転倒、意図的と云わざるを得ない。
 この「南至」の始点も狗邪韓国からの水行と陸行の総日数とすれば、この水行十日も狗 邪韓国から末盧国迄、実際に向かった水行三千余里の日程としての十日(実質航海3~4日)、陸行一月(実質陸行10~15日)は、末盧国で上陸後、伊都 国、不彌国を経て邪馬壹国迄を河川や水路沿道を歩いた日程で、これも狗邪韓国からの全日程と考える。()を意訳すると下記の如くなる。

  (倭の領域北岸狗邪韓国から)南で至る邪馬壹国女王が都する所(迄)水行十日 陸行一月

 当世、最高の文官だった編者陳寿は、この後、帶方郡より女王国迄、一万二千餘里で至るとして、帯方郡衙から韓国を歴て狗邪韓国迄の水行七千余里(最大 18~26日)と對海国と一大国と末盧国(半島を挟み東側の唐津湾岸)、夫々の渡海を合わせて三千余里=水行十日(実質3日)と残り、約二千里、領域内の 全里程を約五千里(水行十日と陸行一月)とした。詰まり、帯方郡衙~狗邪韓国迄の七千余里、狗邪韓国から末廬国迄の三千余里は最長で水行10日としたの で、末盧国から伊都国迄の陸行五百里、実際に向かってない奴国迄の百里を除き、不彌国迄の百里を足すと六百里、残り千四百里弱で邪馬壹国に至る。詰まり、 松浦半島付近の末盧国を中心に二千里(最大でも200㌔以内)では九州管内を出る事はない。
 述べてきた様に、「倭人伝」の編者陳寿は、その里程記事で帯方郡衙から朝鮮半島東南部への総距離七千餘里とした。その後、狗邪韓国、始度一海~とし、此処より倭人系海民の領海南側、女王国に属す對海国と一大国、末盧国を含む倭人陸鰐(くぬがわに)の海域(瀚海)を示唆した。一方、伊都国~は、末盧国以降、上陸後の邪馬壹国と伊都国連合の領域「倭地」を示唆したとすれば、(H)投馬国と() 邪馬壹国だけが、距離数ではなく日数で記述される理由が分かる。詰まり、帯方郡から韓国を歴て狗邪韓国に到る水行の総距離数七千余里を魏使は既知の情報に 従い水行した。そこから末盧国迄の海上領域三千余里(総日数十日)は実際に渡海し、一大率の官吏や武官からの伝聞を距離数に換算した情報となる。その海 民、陸鰐の領域末端(南岸)の末盧国で沿岸航行用船に乗り換えて西回りで、九州西岸を最長で十日(三千餘里)程、南下すると投馬国へ至ると云う日程は実際 に行ったかどうかは別として、これも伝聞としての情報になる。一方、邪馬壹国の水行十日も投馬国の水行二十日の半数と同様に狗邪韓国から末盧国への渡海に 要する最大日数で、南至邪馬壹国も狗邪韓国から南へ水行十日した後、末盧国から最長で一月程、大凡、南方向へ陸行すると女王の都邪馬壹国に至る。水行十 日、陸行一月は、倭人の領海である瀚海と陸上の倭地(狗奴国を除く)を併せた日程で、「南行」とされない理由は、前項と同様、不彌国からではなく、既に移 動した狗邪韓国からの里程を合わせ、日程に換算したからと考える。

「かまぃえ→カメ」=「記」神武東遷、亀の甲羅(海民の船)に乗り、釣りをしつつ羽擧(はぶ)来 る人と速吸門で出遭い棹(さを)を差し渡して御船に引き入れ、倭国造等祖槁根津日子(さをねつひこ)と名付く。亀が手足(船の櫂?)を鳥の如く動かす様子 を「ハブク」とする。また、「海幸山幸神話」御子葺不合尊の乳母として玉依姫が亀に乗って山幸の上国へ向かったとある。後者は「やまぃえ→ヤメ」。*福岡 県八女市亀の甲環濠遺跡
大凡900㎞=千餘里を約400㎞は一日で航海出来る距離ではない。日本海や瀬戸内海沿岸部、何れを航海しても玄界灘や響灘の海上では碇泊できないので、対馬の鰐浦、宗像の沖ノ島や大島、山口県北西岸や彦島等に停泊せざるを得ないが、記述されない理由が判らない。
東側=福岡県宗像市(東郷・南郷・同県福津市西郷)の沖ノ島から山口県下関市豊浦町川棚・宇賀・同県長門市油谷町・板持・大津郡日置町二位の浜、島根県隠岐郡海士町福井中里・都万村都万・(上・中)・五箇村北方・南方・山田・西郷町東郷・犬来(いぬぐ)、同郡西ノ島町宇賀、同県平田市(出雲市)奥宇賀・口宇賀・多久。倭人系海民と耕作民((河川民=里)が拡がったのか、海岸線を一周り、新たな耕作地を求め、河川を遡上して山間の谷へ入ったと思われる。「~里」と云う地名は他にも以下がある。
 新潟県中魚沼郡中里村田代、秋田県仙北郡太田町中里、青森県北津軽郡中里町八幡、岩手県一関市中里・宮田・山田、同県下閉伊郡岩泉町中里、同県二戸郡一 戸町中里、同県宮古市中里・板屋、宮城県石巻市中里、同県栗原郡高清水町(栗原市)中里、同県古川市(大崎市)中里、長野県東筑摩郡坂北村中里、山形県東 田川郡羽黒町中里・同郡櫛引町馬渡、同県天童市中里(西沼田遺跡/矢野目・弁財天神社)、同県西玉置郡小国町越中里・東置賜郡高畑町中里、同県山形市中里 (八幡神社)、福島県二本松市中里、同県石川郡浅川町中里、茨城県那珂郡瓜連町中里(鹿島神社)、同県西茨城郡岩瀬町中里、同県岩井市(坂東市)中里、栃 木県河内郡上河内町中里、同県小山市中里・鏡、群馬県甘楽郡妙義町中里、同県群馬郡群馬町中里、同県高崎市中里町、同県多野郡中里村(八幡宮)、埼玉県北 葛飾郡栗橋町中里、同県行田市中里・長野、同県児玉郡美里町中里・八幡関、同県坂戸市中里・金田(八幡神社)・新堀(金山神社)、同県与野市(さいたま 市)中里、千葉県我孫子市中里、同県勝浦市中里・山田、同県香取郡下総町中里・高倉・名古屋、同県木更津市中里・下宮田、同県館山市中里・犬石、同県長生 郡白子町中里・福島、同県野田市中里・山崎、東京都北区中里・新宿区中里町・市谷八幡町、同都清瀬市中里、神奈川県小田原市中里、同県中郡二宮町中里、同 県平塚市中里、同県横浜市南区中里、静岡県浜松市中里町、同県富士市中里町、同県焼津市中里、愛知県江南市大海道町中里、三重県四日市市中里町、滋賀県愛 知郡湖東町(東近江市)中里・下里、兵庫県神戸市北区中里・同県三木市細川町中里・口吉川町中里、和歌山県牟婁郡那智勝浦町中里、山口県小野田市中里、高 知県安芸郡安田町中里。
南至=これも四分法で云う大凡「南」と云うニュアンスで、帯方郡衙から見て東南海上の山島に依りて住む倭人系海民が分裂、東側に住む倭種とは別の倭人系海民と耕作民(陸鰐)の領海と倭地(邪馬壹国伊都国連合)の領域を合わせ、狗邪韓国から見て南側とする。
最大でも200㌔=東南陸行五百里(最長50㎞)+東行百里(最長10㎞)+南側千四百里(最長140㎞)で、半径二千里ではない。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/02/04(木) 16:46:10|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇海洋民と遊牧民 | ホーム | ◇南至の起点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/92-1bfd8b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)